Uncategorized

クラウドマイクロサービス市場の包括的な研究:現在のシナリオと将来の見通し

世界のクラウド マイクロサービス市場の規模は、2022 年に 12 億 9,000 万米ドルと推定されており、2023 年の 15 億 4,000 万米ドルから 2030 年までに 60 億 4,000 万米ドル増加すると予測されており、予測期間中の CAGR は 21.6% となります。

マイクロサービスと呼ばれる方法論は、モジュール式のコンポーネントまたはサービスを含むアプリケーションを作成するために使用されます。他のサービス セットを参照するアプリケーション プログラミング インターフェイス (API) など、直接的で簡単に定義されたインターフェイスを使用して、各モジュールは特定のタスクやビジネス目標をサポートするように設計されています。マイクロサービス モデルにより、開発者はソフトウェア開発に対してより分散化されたアプローチを採用できるようになります。

無料サンプルは以下から入手できます:

https://www.fortunebusinessinsights.com/enquiry/sample/cloud-microservices-market-107793

レポートに関する情報:

  • 予測期間: 2023 ~ 2030 年
  • 開始年は2022年です
  • 2022年の市場規模 – 12.9億ドル
  • 2029年の市場規模は60.4億ドル
  • CAGR – 21.6%
  • 含まれるセグメント: 導入タイプ、アプリケーション、企業タイプ、セクター、および地理的地域に応じて

クラウドマイクロサービス市場は、市場規模、市場シェア、市場セグメント、業界などのさまざまな側面をカバーする大規模な成長分野です。サービスプロバイダーが自社の製品を顧客に提供することで得られる金額の合計は、市場規模と呼ばれます。マーケット シェアは、単一のプロバイダーまたはプロバイダーのグループが制御する市場の部分です。市場セグメントという用語は、機能、特長、またはターゲット ユーザーに基づいてアプリケーションのさまざまなカテゴリを指します。業界という用語は、事業運営や活動にアプリケーションを使用するさまざまな部門や領域を指します。

世界のクラウドマイクロサービス市場の分析は、地域、エンドユーザー業界、および材料の種類にわたって行われます。この調査では、表とグラフィックを使用してセグメントとそのサブセグメントを徹底的に調査します。セグメンテーションは、投資家や市場参加者が、収益成長率が最も高いレポートの詳細リストに基づいて計画を作成するのに役立ちます。

展開モデル分析により、

市場は、展開モードに基づいて、パブリック、プライベート、およびハイブリッドのセグメントに分割されます。

予測期間中、ハイブリッドセグメントはより速いペースで拡大すると予想されます。さまざまなエンドユーザーによるハイブリッド クラウドの採用の増加が成長の原因と考えられます。ハイブリッド クラウドのおかげで、新しい製品やビジネス モデルをより簡単に試すことができます。IT 部門の役割が大きくなるにつれて、データセンターの作業負荷が増加しました。コンピューターとストレージのアップグレードには費用がかかりますが、ハイブリッド クラウド アプリケーションは市場の拡大を促進しながら経済的です。

成分分析により、

プラットフォームとサービスは、コンポーネントに基づいた市場セグメントです。予測期間中に、サービス部門はより速い CAGR で拡大すると予測されます。クラウド マイクロサービスにより、ユーザーはリソースとコンピューティング能力をより適切に制御できるようになり、ニーズに基づいて各サービスを個別に拡張できるようになります。各サービスをサポートするチームを作成し、DevOps 戦略を実装することに加えて、マイクロサービス アーキテクチャにより、組織は単なる独立したサービス以上のものを構築できます。

企業タイプ分析により、

市場は企業の種類に応じて大企業と中小企業に分かれます。

予測期間中に、中小企業セグメントはより速い CAGR で大幅に拡大すると予想されます。IT 環境を変えたオンデマンド マイクロサービス消費モデルは、中小企業に広く受け入れられています。クラウド マイクロサービスは、手頃な価格、可用性、変更可能性により、限られたリソースと型破りな IT インフラストラクチャを抱える中小企業にとって望ましい選択肢です。スケーラブルなアプリケーション開発への投資の結果、クラウド マイクロサービス プラットフォームの需要も増加しています。

主要産業分析による、 

世界市場における主要企業の主な目標は、合併・買収戦略を通じて市場シェアと世界的な存在感を高めることです。これらの企業は、ビジネスの存在感を拡大するために、地元の中小企業を買収することに重点を置いています。さらに、戦略的提携とクラウドネイティブ テクノロジーへの多額の投資が需要の増加に貢献しています。クラウド意思決定フレームワークの採用と、大手企業によるクラウド運用のベスト プラクティスの組み込みにより、企業はより迅速にスケールアップできるようになりました。

紹介されている主要企業のリスト:

  • アマゾン ウェブ サービス, Inc. (米国)
  • マイクロソフト社(米国)
  • IBM コーポレーション (米国)
  • セールスフォース社(米国)
  • F5, Inc (米国)

地域別 

地理的には、この市場は北米、南米、ヨーロッパ、中東とアフリカ、アジア太平洋地域で調査されています。

分析によると、北米がクラウド マイクロサービスで大きな市場シェアを保持している理由は、最先端のテクノロジーを採用しているこの地域の大手企業の存在です。さらに、北米企業による BFSI、電子商取引、IT 分野でのマイクロサービス アーキテクチャの採用も需要の増加に貢献しています。情報とデータを保存する場合、コストが削減され、柔軟性、効率、拡張性が向上します。クラウド ネイティブ アプリケーション向けの雇用主ベースの医療サービス プロバイダーとしての地位を強化するために、カナダの企業 Telus は、2022 年 6 月にデジタルおよび対面医療会社のライフワークスを 17 億 7,000 万米ドルで買収しました。

この調査レポートは、地域および国レベルの市場規模分析、予測期間中の市場成長のCAGR推定、収益、主要な推進要因、競争の背景、および売上分析を含む、世界の「クラウドマイクロサービス市場規模」規模の徹底的な分析を提供ます支払者たち。この文書では、予測期間中に遭遇する主なリスクと課題についても説明します。クラウド マイクロサービス市場は、タイプとアプリケーションの 2 つのカテゴリに分類されます。世界のクラウドマイクロサービス市場業界のプレーヤー、利害関係者、その他の参加者は、この調査を貴重なリソースとして使用することで優位に立つことができます。

さらにトレンドレポートを参照:

クラウドマイクロサービス市場規模、粗利、動向、将来の需要、トップリーダーによる分析と2030年までの予測

クラウドマイクロサービス市場の主な推進要因、制約、業界規模とシェア、機会、傾向、2030年までの予測

クラウド マイクロサービス市場データの現在および将来の傾向、業界規模、シェア、収益、2030 年までのビジネス成長予測

クラウドマイクロサービス市場の最新の業界規模、成長、シェア、需要、トレンド、競争環境、および2030年までの予測

クラウドマイクロサービス市場規模、見通し、地理的セグメンテーション、2030年までのビジネス課題と機会

このレポートは次の場所で購入できます。

https://www.fortunebusinessinsights.com/cloud-microservices-market-107793

私たちについて:

Fortune Business Insights は、専門的な企業分析と正確なデータを提供し、あらゆる規模の組織がタイムリーな意思決定を行えるように支援します。当社はクライアントに合わせて革新的なソリューションをカスタマイズし、クライアントがビジネス特有の課題に対処できるよう支援します。私たちの目標は、クライアントに総合的な市場インテリジェンスを提供し、彼らが事業を行っている市場の詳細な概要を提供することです。

接触:

電子メール: [email protected]

電話: 米国 +1 424 253 0390 / 英国 +44 2071 939123 / アジア太平洋: +91 744 740 1245

Related Articles

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

Back to top button